スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 なぜ、ウエディングドレスのイメージは白なの?

花嫁衣裳と言えば、白無垢も含め「白」を思い浮かべますよね?

では、なぜウエディングドレスをはじめとする花嫁衣裳には白が多いのでしょうか。

諸説ありますが、昔はウェディングドレスに決まりの色はなく、女性たちは好きな色のドレスを着用していたようです。

ところが、19世紀の後半に、イギリスのヴィクトリア王女が結婚式で白いウェディングドレスを着用して自らの結婚式を挙げたことから、広まったと言われています。

ちなみに、その時は白いシルクサテンレースのウェディングドレスを着ていたそうですよ。

新聞や雑誌などで大きく取り上げられたことがきっかけとなり、大衆の憧れとなったと言われています。

また、白色には”純潔”や“清潔感”を表現しています。

そして、白色はどんな色にも染まりやすいため、「あなた色に染まります」という意味も含まれているのですよ。

高知の花嫁衣裳、レンタルドレス、貸衣装なら私たちISSHU一秀にお任せください。

※写真は弊社取り扱いブランドの『イサムモリタ』です。他、レンタルドレス多数ご案内させていただきます。

 


| 08:51 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 08:51 | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blogisshu.jugem.jp/trackback/384

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.